通信機器の設定チェック|ISO22000で食の安全を証明|企業運営においての情報管理

ISO22000で食の安全を証明|企業運営においての情報管理

通信機器の設定チェック

ネット

インターネット環境が全国各地に開通したことによって多くの企業内部にてパソコンという電子機器が活用される時代となりました。パソコンを業務で使用すればこれまで手作業で行なっていた資料作成や数値入力をソフトウェア上で行なえるようになるので、業務時間の短縮とコスト削減にも繋げることができるのです。便利なパソコンですが、ネットワーク設定をしっかりと行なっていていないとハッキングやクラッキングを受けて大事な社内の機密情報や個人情報を漏洩してしまうリスクがあります。そのようなリスクを回避するためにはセキュリティソフトの導入が必須ですが、それと合わせてルーターの設定も重要となっているのです。
最近では、企業内部でも有線LANではなくケーブルを使用しない無線LAN形式のルーターを使用するパターンが増えてきました。ケーブルがかさばらずオフィス内を綺麗にできるのが魅力的ですが、しっかりとルーターにパスワードを設定しないと外部から不正にネットワーク接続される危険性があるのです。そのような事態を招かないためにも、ルーターを社内で導入した際はしっかりとパスワードを設定し、不正アクセスを遮断することが大切なのです。また、ルーターの設定と合わせて通信方式を見直すことも重要となってきます。ルーターが通信を行なう際、暗号化するかの設定を選択できますがこの場合は最上位のセキュリティ性を持つWPA2という暗号化方式を使用するのが最適なのです。