ISO22000で食の安全を証明|企業運営においての情報管理

通信機器の設定チェック

ネット

最近ではオフィス内部を綺麗に保とうと、企業内部でも有線LANではなく無線LANを使うパターンが多くなってきました。便利な無線LANですが、しっかりとルーターの設定をしておかないとハッキングされる恐れがあるので注意が必要です。

View Detail

安全と安心の確保

3人の女性

日本の食品業界は世界的に見ても質が高く安心して食事ができる環境となっていますが、近年は食品への異物混入や食中毒事件、従業員の不適切な行動などが問題視されるようになりました。そのような理由から飲食業界だけでなく、食品を多く取扱うコンビニエンスストアやスーパーマーケットでも安全基準というのは厳しくなっているのです。仮に自社に落ち度がなかったとしても配送や配達の段階、調理の段階などで異物が混入してしまうリスクというのは少なからず存在します。何か問題があった際に自社の潔癖を証明できるものがあれば、企業運営においても強みになるといえるでしょう。食品に対する安全性を証明する国際規格として有名なのがISO22000なのです。
ISO22000を取得しておけば食品関連で他社と裁判などになった場合、自社の正当性を主張する非常に強い要素となり得ます。また、食品を購入する消費者に対しても安心感を与えられるメリットを持っているのです。食に関する企業の経営者は自社と働く社員を守るためにもISO22000を取得しておいて損は無いといえるでしょう。この国際規格を取得するためにはまず、異物や菌を混入させないための環境作りが重要となってきます。従業員の健康管理や害虫などの除去もこれに該当します。そのような前提含んだものをプログラムPRPと呼称しているのです。そしてこのプラグラムを元に社内で製造工程を管理する食品安全チームを編成し、社内で食品安全に対する研修や講習を実施していくのがISO22000の取得フローとなっています。

更新とウィルス対策

会社

日々進化し続けるコンピューターウィルスから、会社のパソコンを守るためには更新プラグラムやセキュリティソフトをしっかりとアップデートして社内の危機管理徹底することが重要になります。

View Detail

充実した警備体制

パソコンを操作する女性

物理的なオフィスセキュリティを強化したい場合に有効的なのは警備会社が提供するサービスです。指紋認証による入出管理や、24時間体制での監視を実現する常駐警備員サービスなどが1例として挙げられます。

View Detail